同じフレーズを違うリズムで叩く

パラディドルや6ストロークなどのフレーズを、16分音符や3連符などに当てはめて叩きます。一言で言うと、ポリリズムとチェンジアップを足したものです。
発展性のあるテクニックなので、沢山練習して自分のモノにしましょう! 続きを読む

BPMが10上がるル-ディメント練習法

新しいフレーズを演奏した時、思うように手が動かなくてストレスを感じますよね。
何度も練習すれば上手く叩けるようになりますが、大変な道のりです。
もっと楽に習得したいとは誰もが思うもの。ぜひ、この練習方法を試してください! 続きを読む

試されるルーディメント力

これは持論なのですが、ドラム演奏の表現力というのは、
最終的にどんなタッチで叩くかという所に行き着くと思います。
ドラマーは皆、タッチを磨くためにルーディメント等を練習し、
精度の高いスティックコントロールを身に付けるのです。

では、どのくらいスティックコントロールが正確にできるか試してみましょう! 続きを読む

力の方向 -ダブルストローク編-

あまり取り沙汰されることはありませんが、ダブルストロークにも
ストロークセオリーは通用します。
シングルストロークと同様に、動きを覚えておけばセット間の移動が
格段に良くなるので、身に着けておきたいテクニックのひとつです。
続きを読む

Blushda!! その2

前回に引き続き、Blushdaを活用していきます。
YouTube Preview Image

今回は、Blushdaのフラムを崩して使ってみます。
rudi023

このままでも、使いやすいフレーズですが、バスドラムを1つ入れて
6連符のフレーズとして使います。
rudi024

6ストロークなど、他の6連系フレーズと相性が良いので、
いろいろな場面で使えます。
自由にフレーズを歌えるようになれば完璧!

手順的にも無理がないので、
ぜひぜひ、使ってみてください!

Blushda!!

今、一番お気に入りのテクニック!
YouTube Preview Image

Blushda(ブラッシュダ)というのは、Hybrid Rudimentのひとつです。
rudi019
トニー・ウィリアムスが良く使っていたことから「Tony Williams lick」と
呼ぶ方も多いです。
Todd Suchermanは、「ブラッシュダ」よりもそう聞こえるという理由で
「ga-blush(ガブラッシュ)」と呼んでいます。

実際の演奏で使ってみると、
rudi020
こんな感じです。
スピード感もあるし、フラムによる効果で
リズムからアウトしているようなスリリングさがあります。

今回は、Blushdaを基にしてフレーズを作ってみました。rudi021
BlushdaにRLを付けた5のフレーズ。

これをフィルで使うと…
見るからに複雑そうですね(笑

このように、構成する音符を、タムやシンバルに振り分けることで、
一味違ったフレーズを叩くことができます。
Blushdaの手順に慣れたら、
叩く場所を変えたり、アクセントの場所変えたりして、
自分なりの歌い方を模索してみると良いと思います。

モーラーで叩くルーディメンツ1 ~ダブルストローク~

9月10月とモーラー奏法の概要を書きましたが、
実際の演奏で使うためには、今まで使っていたテクニックを
モーラーに変換していく練習が必要です。(今まで練習したテクニックが
モーラーの習得を阻害する可能性があるためです。このあたりもそのうち解説したいと思います) 続きを読む