周りの音の聞き方

気持ちよく演奏したプレイを、後から聞いてみて「アレッ!?イマイチだな…」と
思ったことはありませんか?
それは、聞く音と自分が演奏する音の、感覚のズレが原因です。
今回は、そういった失敗を減らすために、
演奏中周りの音をどう聞くと良いか、私の持論を紹介します。 続きを読む

ビートのニュアンス

近年は、雑誌やネットなどで簡単に楽譜を手に入れられるようになりました。
曲をコピーするのは楽になりましたが、譜面の上辺だけをさらって
満足していませんか?
今回は、楽曲を演奏するうえで一番大切な、ビートのニュアンスについて
考えたいと思います。 続きを読む

ドラムがどんどん上達するプラス1の考え方

ドラムを始めた頃は、誰もが単純なビートでさえ苦戦するもの。
はじめから上手な人なんていません。
少しでも近道したい気持ちもわかりますが、沢山の曲やフレーズを演奏していくことで
色々なテクニックが身についていくのです。
今回は、初級者も上級者も関係なく、自身のドラミングを発展させる方法を紹介します。 続きを読む

力の方向

ストロークセオリーを考えることで、効率的なスティッキングができるのは、
以前、解説した通りです。
一つの打面を叩くのであれば非常に有効な奏法なのですが、
ドラムセットだと、少し勝手が違います。

なぜなら、セット間の動きには上下左右への移動が加わるからです。

ということで、今回はドラムセット間でのスティッキングを考えます。
速くスムーズなタム回しをしたい方は必見です!
続きを読む

スリップビート

スリップビートや、ポリリズム、メトリックモジュレーションなどなど、
一瞬、ハッとさせられるようなドラミングが大好きです。
聞くの大好きです。

3つともリズムに関するテクニックで、
スリップビートは、アクセントの位置をずらすことで、
ビート感を変えるもの。
ポリリズムは、複数のリズムを混在させることで、
独特な聞こえ方になる。
メトリックモジュレーションは、ビートの基準となる音符を
変えてやることで、演奏に緩急をつける技法。

つまりは、聞くのも演るのも難しいってことです。
続きを読む

Oneの合わせ方

以前、通っていたスクールで、「曲の一番最初の音がずれる」と言われたことがあります。
自覚はなかったのですが、録音した演奏を聞くと、確かにずれている…。

入りがずれてしまうと、ビートを戻すのにリズムが揺れてしまう。
そうなると、一緒にプレイしているプレイヤーは困惑するし、良い演奏にはなりません。

今回は、「曲への入り」に焦点を当てて
いくつか役立ちそうなtipsを紹介します。
続きを読む

手首の柔らかさ

手首をやわらかく使ってドラムを叩くには、どうしたら良いでしょうか?

叩く前にストレッチをして関節をほぐせば、
それが出来るのでしょうか。

いくら関節が柔軟でも、
バウンドして返ってくるスティックの動きに手がついていかなくては、
手首をやわらかく使うことはできません。
見た目もなんだかぎこちない感じになってしまいます。

スティックと手(手首や指)を上手く連動させるには、
バウンドをコントロールする練習を数多くこなすのが近道です。
特にオススメなのは、以前紹介したストーンキラーという練習法です。

自分の経験ですが、ストーンキラーを毎日やっていた頃、
叩いている動きがより滑らかになりました。
自分のライブ映像を見てびっくりしたのを覚えています。

なので、ドラムを叩く上で手首をやわらかく使うためには、
関節の柔軟性も必要ですが、
それ以上に、手をスティックと連動して動かすことのできる技術というのが
大事なんじゃないかと思います。