シングルストロークのみで演奏する

ドラムを始めた頃、譜面や教則本を見てドラムを練習したと思います。
日本で出ているほとんどの書籍には、シンプルな8ビートと
タカトンというフィルインが最初に載っていますね。
みんな当たり前のように叩いていますが、もちろん、違う形のビートもあります。
そこで今回は、趣向を変えてシングルストロークだけで、
ビートとフィルインを叩いてみます。 続きを読む

ダブルストロークにアクセントをつける

ルーディメンツはアクセント、ノーアクセント、シングル、ダブルなどの
組み合わせでフレーズを作ります。
フレーズ単位で練習していると気づきにくいのですが、
実はドラムを叩く上で重要なテクニックが沢山入っているのです。
今回は、その中から「ダブルストロークに付けるアクセント」を紹介します。 続きを読む

基礎力の確認

パッドを使ったウォームアップなど、
デイリートレーニングは、とても大切です。
目的は、指先の感覚の確認、技術の向上etc…
毎日の積み重ねでスティッキングが上達します。
とはいえ、自分の上達具合は自分ではわかりにくいもの。
今回は、基礎力を確認するために、以下のフレーズを叩いてみましょう! 続きを読む

バズを上手に叩くためのTips

今回は、Buzz(バズ)について。
バズはドラムの奏法の1つで、チップを打面に押し付けることにより
ザーッというバズ音を奏でます。
いわゆる、賞品が当たったり、正解を発表する時に流れるドラムロールです。

上手く演奏するためには、いくつか押さえておきたいポイントがあるので、
順番に紹介していきます。 続きを読む

高速シングルストロークをキメる!

ルーディメントに手足のコンビネーション。テクニックは色々あるけれど、
シングルストロークで畳みかけるFillは、一番説得力があると思います。
フレーズをきれいに聞かせるには、一にも二にもスティックコントロール。
ゆっくり丁寧に練習することが必要です。
ですが、それだと習得に時間がかかるので、
今回は、違ったアプローチをしてみたいと思います。 続きを読む

Jojo Mayer式ドラムンベースで手首を強化する!

手首を使ったストロークは、リストストロークと呼ばれ、ドラムセットを演奏する際は、
あらゆる場面で使われます。
そのため、手首の強さや柔軟性は、良い演奏をするために
必要不可欠な要素と言えるでしょう。
今回は、JojoMayer式のドラムンベースを例に、手首の強化を図ります! 続きを読む

誰でもできるようになる!フィンガーストローク

上手な人のスティックさばきを見ると、惚れ惚れしますね!
スティックコントロールの基本は指を上手に使うことです。
それによって速く叩けたり、サウンドが良くなったりします。
今回紹介するのは、叩いたときのバウンドの拾い方。
スティックを思い通りに動かすためには必須の技術です! 続きを読む

試されるルーディメント力

これは持論なのですが、ドラム演奏の表現力というのは、
最終的にどんなタッチで叩くかという所に行き着くと思います。
ドラマーは皆、タッチを磨くためにルーディメント等を練習し、
精度の高いスティックコントロールを身に付けるのです。

では、どのくらいスティックコントロールが正確にできるか試してみましょう! 続きを読む