バズを上手に叩くためのTips

今回は、Buzz(バズ)について。
バズはドラムの奏法の1つで、チップを打面に押し付けることにより
ザーッというバズ音を奏でます。
いわゆる、賞品が当たったり、正解を発表する時に流れるドラムロールです。

上手く演奏するためには、いくつか押さえておきたいポイントがあるので、
順番に紹介していきます。 続きを読む

高速シングルストロークをキメる!

ルーディメントに手足のコンビネーション。テクニックは色々あるけれど、
シングルストロークで畳みかけるFillは、一番説得力があると思います。
フレーズをきれいに聞かせるには、一にも二にもスティックコントロール。
ゆっくり丁寧に練習することが必要です。
ですが、それだと習得に時間がかかるので、
今回は、違ったアプローチをしてみたいと思います。 続きを読む

Jojo Mayer式ドラムンベースで手首を強化する!

手首を使ったストロークは、リストストロークと呼ばれ、ドラムセットを演奏する際は、
あらゆる場面で使われます。
そのため、手首の強さや柔軟性は、良い演奏をするために
必要不可欠な要素と言えるでしょう。
今回は、JojoMayer式のドラムンベースを例に、手首の強化を図ります! 続きを読む

誰でもできるようになる!フィンガーストローク

上手な人のスティックさばきを見ると、惚れ惚れしますね!
スティックコントロールの基本は指を上手に使うことです。
それによって速く叩けたり、サウンドが良くなったりします。
今回紹介するのは、叩いたときのバウンドの拾い方。
スティックを思い通りに動かすためには必須の技術です! 続きを読む

試されるルーディメント力

これは持論なのですが、ドラム演奏の表現力というのは、
最終的にどんなタッチで叩くかという所に行き着くと思います。
ドラマーは皆、タッチを磨くためにルーディメント等を練習し、
精度の高いスティックコントロールを身に付けるのです。

では、どのくらいスティックコントロールが正確にできるか試してみましょう! 続きを読む

力の方向 -ダブルストローク編-

あまり取り沙汰されることはありませんが、ダブルストロークにも
ストロークセオリーは通用します。
シングルストロークと同様に、動きを覚えておけばセット間の移動が
格段に良くなるので、身に着けておきたいテクニックのひとつです。
続きを読む

モーラーで叩くルーディメンツ1 ~ダブルストローク~

9月10月とモーラー奏法の概要を書きましたが、
実際の演奏で使うためには、今まで使っていたテクニックを
モーラーに変換していく練習が必要です。(今まで練習したテクニックが
モーラーの習得を阻害する可能性があるためです。このあたりもそのうち解説したいと思います) 続きを読む