装飾音を入れてFillを豪華に!

装飾音とは、ある音符に付加された音のことです。
ドラムでは、フラム(Flam)やドラグ(Drag)がこれに当たります。
単調なフレーズでも、装飾を付けると派手に聞こえるので、
カッコ良く見せたいとき、自分の色を出したいとき等に重宝するテクニックです。 続きを読む

リズムの裏を感じよう!

四拍子のカウント、1,2,3,4,に当たる部分がいわゆるリズムの「表」で、
その間に来るのがリズムの「裏」です。
同じ理屈を様々な音符に当てはめて、16分音符の2、4コめを16分の裏、
6連符の2、4、6コめを6連の裏などと表現します。
リズムの裏をしっかり感じることで、リズム、タイムキープの質がぐんと上がります。今回は、裏を強調したフレーズを練習してみましょう! 続きを読む

同じフレーズを違うリズムで叩く

パラディドルや6ストロークなどのフレーズを、16分音符や3連符などに当てはめて叩きます。一言で言うと、ポリリズムとチェンジアップを足したものです。
発展性のあるテクニックなので、沢山練習して自分のモノにしましょう! 続きを読む