Heel&Toeで連打のセオリーを考える

※ Heel&Toeのやり方、練習については過去の記事を参照してくださいね~

連打、装飾、ルーディメンタルなパターンなど、両足のフレーズを総合的に考えた場合、Heel&Toeは汎用性の高いテクニックだと思います。
ただ、フレーズによってはHeelとToe、どちらから入るのかを考えてあげないと、
無駄に難易度が上がってしまうので注意が必要です。
今回は、両足で連打する時に、私が気を付けている連打のセオリーを紹介します。 続きを読む

サブディビジョン

サブディビジョンとは「細分化」という意味です。
ドラムにおいては、ある長さの音符を細かく感じること、
また、それを演奏することを指します。
最近では、このサブディビジョンを駆使し、リズムの揺れなどを表現するドラマーも多いです。一種のリズムトレーニングだと思って練習してみましょう! 続きを読む

リズムの縦をそろえるエクササイズ

リズムの縦--ハイハットやバスドラム等を同時に叩いた時、譜面上では
縦に音符が重なります。この様に音が重なる所を俗に縦のラインと言い、
タイミングをそろえることで、演奏をカッコ良く聞かせることができます。
今回は、16ビートを使いハイハットとバスドラムを合わせる練習をしてみましょう!

続きを読む