3点の音量バランス

ドラムの3点といえば、バスドラム、スネア、ハイハットの事を指します。
ロックやポップスでは、基本的にこの3点でビートを組み立てていくワケですが、
どの楽器をどれくらい出すかで、雰囲気が大きく変わります。
今回は、基本となる音量バランスと、そこから私が演奏する時に替えていく部分を紹介します。 続きを読む

オープンリムショットを効果的に使う

オープンリムショットとは、スネアの打面とフープ(リム)を同時に叩くテクニックです。パコーンという音がします。
大音量なアンサンブルでも音が埋もれないので、バックビートに使うのがオススメ。今回はオープンリムショットの特性を生かし、ビートやフィルを叩きます。 続きを読む

速い8ビートを叩くときに気を付けたいこと

以前、速い刻みの演奏方法を解説しました。
この方法で出来るようになれば万々歳なのですが、
人によってはうっかりハマってしまう落とし穴があります。
今回は、速い刻みを叩く上で気を付けたいポイントを2つ紹介します。 続きを読む

装飾音を入れてFillを豪華に!

装飾音とは、ある音符に付加された音のことです。
ドラムでは、フラム(Flam)やドラグ(Drag)がこれに当たります。
単調なフレーズでも、装飾を付けると派手に聞こえるので、
カッコ良く見せたいとき、自分の色を出したいとき等に重宝するテクニックです。 続きを読む

リバースモーラー

モーラー奏法の基本と言えば、アクセント、タップ、アップのコンビネーションストロークですが、これを連続で叩いたり組み合わせたりするのは中々に難しいです。
特に、アップからアクセントに戻る動作がスピーディかつスムーズでないと音符がつながりません。今回は、そこを重点的に練習できるエクササイズを紹介します。 続きを読む