リニアの手順をスイッチする

前回紹介したリニア構築法を一部変更して、一歩進んだリニアを練習します。

  • ex) 小節ごとに手順をスイッチ

    前回紹介した構築法では「バスドラムの次は必ず右手」というルールを定めました。今回は、逆に「バスドラムの次は必ず左手」というルールで叩きます。
    それを小節ごとにつなげたのが上記の譜面です。いきなりスイッチするのは難易度が高いので、まず右スタート、左スタートを別個に練習して、出来るようになったらつなげましょう。
     

ルーディメンツを逆手順でも練習するように、リニアも手順を変えて練習してみましょう。単純に手足のエクササイズとしても優秀ですし、思いもよらないフレーズが生まれるかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です